学校法人会計回覧板

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐藤栄学園、申告漏れ認める 文科省、補助金取扱検討へ(asahi.comより)

<<   作成日時 : 2006/03/27 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

佐藤栄学園については、こちらの記事もご覧下さい。

「佐藤栄学園、申告漏れ認める 文科省、補助金取扱検討へ
2006年 3月23日 (木) 00:04(asahi.com)


 学校法人「佐藤栄学園」(さいたま市)側が関東信越国税局から申告漏れを指摘された問題で、文部科学省や埼玉県は22日、学園が申告漏れや追徴課税を認める報告をした、と発表した。学園側はこれまでの朝日新聞の取材に対し、税務調査や課税処分の事実を否定していた。文科省などは学園の報告内容を精査したうえで、学園に対する補助金の取り扱いを検討するほか、改善指導の内容を決める。

 さらに、文科省などの発表では、学園は保護者から集めた総額約5億円の簿外資産が税務調査で指摘され、学校会計に入れたとの報告もしたという。

 文科省によると、学園は04年3月期までの4年間で、法人所得約1億2670万円の申告漏れを国税当局から指摘されるなどして、法人税や所得税計約3630万円の追徴課税などに応じた。

 所得隠しの有無などについて、文科省は「学園の課税内容について説明は受けたが、法人のプライバシーがあり、答えられない」としている。

 また、佐藤栄太郎理事長の個人所得についても、学園から追加納税していたとの報告が文科省などにあった。学園は、理事長自らが作製したブロンズ像の売却代金など約5700万円の申告漏れがあったと説明したという。

 文科省などの発表ではさらに、学園が保護者から集めた記念事業などの積立金を使わないまま、03年度までの約20年間で計5億円の簿外資産を管理していたことが税務調査の過程で判明したという。学園は保護者から00〜03年度に徴収した進学特別指導の代金約5億円も学校会計とは別に処理し、使用したとされる。」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐藤栄学園、申告漏れ認める 文科省、補助金取扱検討へ(asahi.comより) 学校法人会計回覧板/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる